アトリエオルト ライティングワークショップ Vol.2

「人物を演出する」+「光を演出する」あなたがフォト・ディレクター!

カラーフィルターB+M1s

ポートレート・ライティング Vol.2」ワークショップでは、「人物を演出する」「光を演出する」という二大テーマを平行して進めていきます。

プロのモデルは、あなたが指示しなくても美しいポーズと自然な表情を演じてくれるでしょう。カッコイイ写真が撮れるかもしれません?!
しかし、自分のオリジナリティーは? どうもモデルさんに撮らされてる気が・・・ あなたが創りたい世界をモデルが察知してくれる!なんていうことはありません。
まず撮影のテーマを考える、モデルにイメージを伝える、イメージを効果的に見せる光を設計する。撮影現場でのポイント、この一連のプロセスを体験してもらいます。
風景や静物を撮る時と同じ撮るでも、大きく異なるポートレートの世界を体感してください。

 

第1回「ポートレートライティング」撮影
第1回「ポートレートライティング」撮影

前回のワークショップに参加されたMさん、ライティング撮影もモデル撮影も初体験、OLYMPUS OM-4 にモノクロフィルムで参加されました。
フィルムカメラの場合、その場でプレビュー確認ができないので、ストロボではなく目で見ながらライティングができるLEDライトを選択しました。ISO400のフィルムでシャッタースピードを上げて、モデルには静的ポーズを指示、カッチリ静止したポートレートの大堂狙いです!!
ループ・ライトをメイン光に、プロフィール・ライトをバリエーションで加えて、基本のライティングに忠実な作品創りをされました。

1_mo_01

同じモデルを撮影しても、前回作品を紹介した Iさんの、超スローシャッターとストロボの連続発光で表現した作品とは対照的です!
お互いに、テーマがはっきり作品に反映された仕上がりになっています。

IMG_3026s

次回「ポートレートライティング VOL.2」ワークショップは8/28 (日)から全5回です!

「ポートレート・ライティング」ワークショップ Vol.2

人物写真で作品を創りたいひとのワークショップ開催  

参加者募集!

ポートレート撮影のイメージ創りから、ストロボやLEDライトなどの照明機材を使っての撮影テクニックを体験していただけます。ご自身のカメラの操作がだいたいできる方でしたら、人物撮影未経験の方でも大丈夫です! これを機に人物撮影を始めたい方、モデル撮影会に物足りなさを感じている方に最適なワークショップです。

前回は全4回の予定で始めましたが、結局5回に増えてしまいました。今回は前回の反省を込めて最初から5回で開催します。8月28日からスタート! 詳しくは「ポートレート・ライティング」ワークショップVol.2をご覧ください。

上の写真は、第1回ポートレートライティングに参加された Iさんの作品です。「好きな写真、写真集を持ち寄って、その魅力を解析してみる」と題したポートレート・イメージ編で取り上げたイタリアの写真家パオロ・ロベルシの作品にインスパイアされたような不思議な写真です。ライティングは、クリップオンストロボとLEDライトを組み合わせた露出設定の難しいライティングでしたが、ヒストグラムとモニターを確認しながら素敵な作品に仕上がりました。

4_石崎_2539_s